舞台衣装・祭り衣装> 狩衣(かりぎぬ)>

狩衣(かりぎぬ)

狩衣(かりぎぬ)は、平安時代以降の公家の普段着。もともとは狩の時に着用したのでこの名前がついたが、活動的であることから次第に普段着として定着し、その後、時代を経るに従って公服としての色彩を増し、直垂に継ぐ四位の武家の礼服ともなった。現在では、神職の常装ともなっている。


狩衣(かりぎぬ)

準備中
詳細はお問い合わせ下さい




<舞台衣装・祭り衣装 <狩衣(かりぎぬ) ▲ページトップ
美夜古企画TOP サイトマップ お買い物ガイド マイページログイン カートを見る お問い合わせ