袴(はかま)> 袴の着方>

袴の着方(結び切り)

1.袴に足を通し、袴の前部分を体の中心に合わせて紐を横に出す。
2.横に出した紐を、後ろへ持っていき交差させる。
3.そのまま紐を前へ持ってくる。
4.右側の紐を左の脇腹あたりまで持っていく。(左右逆でも可)
5.左の紐を折り返す。
6.折り返した時、右の紐に重なるようにして、横に引っ張る。
7.紐を後ろに回し、きつく結ぶ。
8.帯と半着の間にヘラを差し込む。
9.紐を前に持ってきて交差させる。
10.上にある紐を折り返し、前紐の下をくぐらせ、上に引き上げる。
11.もう一つの紐を右側へ折り返す。
12.引き上げた紐を下へ垂らす。
13.垂らした紐を、折り返した紐の中へ通す。
14.左右の紐を引っ張り、しっかりと結ぶ。
15.余った後紐を、前紐に巻き付ける。(紐が長く余る場合は、後腰下で始末する)
16.完成。




(一文字)
結び切りの1〜9までは同じ。

  
1.結び切りの1〜9までを参考に結んだ後、交差させた紐を前紐にくぐらせる。
2.交差させた紐のうち、上の方にある紐を折り返し、もう一つの紐を上に上げる。
3.上に上げた紐を、紐の下に通す。
4.折り返した紐を何度か折り返し、畳んでいく。
5.畳んだ紐を、結び目の上に重ねる。
6.下に通しておいた紐を上に上げる。
7.紐の下に通す。
8.紐が余らないように、何度か巻いて完成。




(十文字)
一文字の1〜7までは同じ。

  
1.一文字の1〜7までを参考に結んだ後、下に通した紐を何度か折り返し、畳む。
2.畳んだ紐を、結び目の下に入れ、完成。





袴のたたみ方>


セミオーダーでお作りしている「美夜古企画の袴(ハカマ)」
袴の詳細・ご注文は各ページにてご案内しています。

行灯袴

馬乗袴

武道袴

武者袴

作務袴

野袴

武者袴
カフス

武者袴
アレンジ

軽衫

伊達袴

もんぺ袴

女袴

行灯袴(あんどんばかま) 馬乗袴(うまのりばかま) 武道袴(ぶどうばかま) 武者袴(むしゃばかま) 作務袴(さむばかま) 野袴(のばかま) 武者袴(むしゃばかま)カフス 武者袴(むしゃばかま)アレンジ 軽衫(かるさん) 伊達袴(だてばかま) もんぺ袴 女袴(おんなばかま)

<美夜古企画 <袴(はかま) <袴の着方