トップ> 作務衣(さむえ)> 美夜古の作務衣の特徴




      美夜古の人気作務衣の特徴


お知らせ
作務衣の上着のタイプは、Bタイプが標準仕様となりました。
旧Aタイプをご希望の方は、別途2,160円料金が掛かります。
(H24年7月5日現在)


美夜古の作務衣は日本製で高品質の作務衣です!
縫製経験20年以上のスタッフが一針ずつ丁寧に仕上げており、妥協、省略は一切ありません!
 お客様に永く愛される着心地良い作務衣をお届けいたします。

 美夜古の作務衣は、生地見本からお好みの生地を選んでいただき、当社基本寸法を基にご着用者様の身長、ウエストまたはお客様ご希望のサイズをお聞きし、相談し合いながらひとつひとつ丁寧に手作りでお作りしております。
 また、作務衣の袖口、パンツのウエスト、裾口の形につきましては固定した仕様ではなく、作務衣のデザイン見本表よりお好みのタイプをお選びいただいて、お客様のライフスタイルにあった作務衣がセミオーダーで作れるのも美夜古作務衣の魅力のひとつです。


 
 ◆ 詳細 ◆

【 作務衣の仕様 】 (旧Bタイプ)

 美夜古の作務衣の衿は、首周りにいくにつれて衿幅をほんの少し細く仕上げています。後ろ髪の先が衿にかかってストレス!という方には大変喜ばれています。
作務衣の愛好者の方に 意外と多いんですょ!

 身八つ口脇の下、袖付けしたの開きのことです。作務衣の袖つきにつけると、袖の動きがラクになります。(不要の方はお知らせください。)

 前身頃裾あわせの長さを違えています。着用時に下側の身頃が正面から見えてしまうのはいやですよね。少し控えることでスッキリ! かたち良くみえます。

 袖口(ゴム袖)ゴム袖の袖口には2本のステッチを入れています。
たったこれだけのことですが、ゴム部分が内側に返ることがなく、着心地も良くなります。

 身頃裾・袖口(筒袖)充分な見返しをつけています。
型崩れを防ぎ、作品に風合いがでます。ゆとりの仕立てで サイズ直しにも安心です。

作務衣Bタイプの襟先 襟先比較的しなやかなウール/ポリエステル等の生地はこちらの形がおすすめです。本来は反物とか、着尺などと呼称される着物などを作る日本古来の小幅反物で作りますが、洋服生地の幅広生地でもかまいません。
作務衣Bタイプ:背中心あり 背中心あり:背中心に縫い目のある着物仕立てで、表面に縫い糸を見せないような仕上げになります。(基本:肩当てなし)
作務衣Bタイプ上着斜め貼付ポケットあり ポケット:前身に斜め貼り付けポケットつき
  
  パンツの大きさは、作務衣の持つ本質的な着易さを実現する為、充分ゆったりとした作り
なっています。着物風に着用される方や、細身をご希望の方は、
お問い合わせください。
  背当ては別途料金にてお付けすることができます。お問い合わせ下さい。(H24年9月25日より)



 

【 作務衣 】 (旧Aタイプ)

※作務衣の上着のタイプは、Bタイプが標準仕様となりました。
旧Aタイプをご希望の方は、別途2,160円料金が掛かります。
(H24年7月5日現在)

作務衣Aタイプの襟先 襟先旧Aタイプの襟先は美夜古オリジナル!
作務衣Aタイプ:背中心なし 背中心なし後ろのはぎ合わせ(背中心)が無く、スッキリ1枚布型になっており、首周りから肩周りに背当て布がステッチで,、縫い付けています。
作務衣Aタイプ:斜め切替ポケットあり ポケット:前身に斜め切り替えポケット付き
※標準タイプとの違いがある箇所のみを表示しております。

 美夜古の作務衣の最大の特長は、袖口・ウエスト・裾口のデザインをお客様のお好みでお選びいただけること!!
 セミオーダーで、世界にたったひとつの作務衣を作ろう!


 作務衣のご注文はこちら!⇒

 作務衣のサイズ・デザインの詳細はこちら!⇒

 
〜重ね衿作務衣〜 《詳しい詳細はこちら》
作務衣の衿に色衿が重なって見えるようにお作りした「重ね衿作務衣」です。
衿裏の色を表に少し見えるように仕立てています。
取り外しはできません
作務衣と重ね衿の生地は,ご希望の生地をお選び頂けます。

〜作務衣に替え衿を付けたい方へ〜 《詳しい詳細はこちら》
作務衣の替え衿は、マジックテープ仕様となっております。 同系色の濃淡で上品に・・・柄の作務衣に対比色の無地などを合わせて引き締まった衿元になど、お好みの組み合わせでお楽しみ下さい。
 

<もどる
ホーム> 作務衣(さむえ)> 美夜古の作務衣の特徴 ↑ページトップ
サイトマップ お買い物ガイド マイページログイン カートを見る お問い合わせ