TOP> 衣装> 着物> 水戸黄門の衣装>

【水戸黄門】助さん・格さんの衣装

黄門様に仕えている家臣「助さん・格さん」の衣装です。

「股引き」はこちらのセットの為に製作した新作商品です。単品販売希望の方はお問合せ下さい。

 着物も股引きも 肌にやさしく風合いの良い気軽に着用できる綿100%ですので、ご自宅で手押し洗いが出来ます。

※左の画像は着物の裾を後ろ中心の帯下に挟んでまくり上げています(長襦袢を着ている場合は一緒に)

うしろ側

【股引きの着方】
A、股のつながっている方を前にして持ちます
B、片方ずつ両足を入れます
C、右の紐を背中の方から体の左側に回して、前の股の間の穴に内から外に通します。
D、左の紐は、右の紐と背中側で交差させて、右前の腰辺りで結びます。

<もどる